深夜特急1 沢木耕太郎著 2016.8.22

August 27, 2016

 

 

 

本文から抜粋

 

香港には光があり、そして影があった。

光の世界が眩く輝けば輝くほど、その傍らにできる影も色濃く落ちる。

そして光と影のコントラストが私の胸にも静かに沁み入り、

眼をそらすことができなくなったのだ。

 

沢木耕太郎と言えば深夜特急。

ずっと読みたかった1冊。

あっという間に読み終えました。

自分の想像力をフルにつかって没頭する一冊!

 

世界にはいろんな人がいる。

 

人はなぜ生きることに向き合った時、

不安にかられなければいけないのか。

考えれば考えるほど、苦しみを味わう。

けれど、考えることはやめられない。

 

勉強しよう、と思いました。

だって勉強は裏切らないもの。

 

人間の持っている性は、

時に自分さえも裏切っている。

気づかないうちに。

人は弱い。

 

私は私を裏切っていないか、問いかける。

 

 

yuka.

Please reload

特集記事

DEAR...vol.2無事終演致しました♡

September 24, 2018

1/2
Please reload

最新記事

March 25, 2019

March 15, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square